卵巣過剰刺激症候群OHSS 〜ストレッチも控えよう!〜

学んでみよう

こんにちは、ぽりんです!

 

 

昨日採卵が無事終わり、
ブログ更新したところ、

 

たくさんの方から
労いの言葉をいただきましたー!

 

 

本当にありがとうございます!!!

 

で、その中に、
不妊治療専門のクリニックで働いてる
看護師の友達がいるんですけど、

 

 

その子が
ブログ読んで心配になってくれて、、、

 

1週間くらいストレッチも
やめといた方がいいと思う

って!!!

 

今卵巣腫れてる状態で
お腹ねじったりしすぎると
卵巣捻転することがたまにあるから
気をつけてって!

 

 

ありがたやーーーー(;;)

 

 

すぐさま追記しました!!↓↓↓

採卵行って来ました!※追記あり
こんにちは、ぽりんです! 排卵・・・ 無事、終わりました!!! みなさま応援ありがとうございました! 今回は静脈麻酔じゃなくて 局所麻酔に...

卵巣捻転は、先生にも危険性があると
言われたけど、

まさかストレッチも危ないとはっ!!!

 

 

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)とはなんぞや
ってことなんですけど、

 

ちょっとご紹介しますね♪

1.卵巣過剰刺激症候群とは?

女性の卵巣は親指大ほど(3~4 cm)
の臓器ですが、その中の卵(卵胞)が
不妊治療における排卵誘発剤に
過剰に刺激されることによって、

卵巣がふくれ上がり
お腹や胸に水がたまるなどの症状
起こることを

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と呼びます。

重症例では、腎不全や血栓症など様々な
合併症を引き起こすことがあります。

 

2.早期発見と早期対応のポイント

卵巣過剰刺激症候群は重症になると
様々な合併症を来たし、
とても危険な状態になる場合があるので、
早期に発見して対応することが大切です。

薬による卵巣過剰刺激症候群は
原因とな った薬を中止することにより
改善することが多いので、

不妊治療中に「おなかが張る」
「はき気がする」「急に体重が増えた」
「尿量が少なくなる」などの症状に
気がついた場合は、
速やか に医師・薬剤師に連絡して下さい。

〜厚生労働省〜

全文知りたい方は、
このPDFを読んでください♪
↓↓↓

PDF:卵巣刺激症候群 by厚生労働省

ってことなんで、

 

不妊治療をされてる方は
知ってる人も多いと思いますが、

 

是非ぜひ気をつけてくださいね!

 

 

すでにOHSSになってる方は、
卵巣が捻れてしまう可能性もあるので、

激しい運動だけじゃなく、
ストレッチも控えた方がよき!

ですからね!笑
(すぐ仕入れた知識を教えたがるw)

 

 

でも、ホントにホントに
大事なことなんで、

みなさんにもお伝えしたかったんです!

 

 

ぽりんがストレッチしてるから
やっていいんや〜〜〜

 

って思わせてしまったら
いけないので、
緊急で書きました!

 

みなさん気をつけてくださ〜い!

 

 

とりあえず、
私は重症化しないように
しばらくおとなしくしときます♪

 

朝晩の体重と、尿回数の記録、
忘れないようにしますw

 

また、経過、報告しますね〜!

 

今日も読んでくださりありがとうございます♪

 

【ぽりんのへや】無料メルマガ講座では、
ブログではお話できない
内容をお送りしております!

 

  • 不妊の悩みをどこに相談したらいいか分からない
  • 他の人の妊娠を受け入れられない
  • 年齢に焦りや不安がある
  • 夫婦関係で悩んでる
  • 妊活に悩みすぎて子供が欲しいかどうかも分からない
  • 不妊治療のやめどきが分からない
  • 流産の経験をして辛いけど号泣できる場所がない
  • 楽しく妊活がしたい
  • 自分らしく幸せに生きたい
  • ぽりんと気軽に話がしたい etc…

 

という方は是非、
メルマガ登録よろしくお願いします♪

ぽりんのへや無料メルマガ講座

お名前(下の名前のみ可・ニックネーム可)

学んでみよう
ぽりんのへや
タイトルとURLをコピーしました